「経済の千里眼」とも呼ばれる菅下清廣氏
直近のインタビューでこのように話しました。

菅下氏は、かつて2016年の秋に
トランプ大統領が大統領選挙に勝利した4日後に行なわれた
スガシタボイスの会員を招待したセミナーで

と話しました。

その予言通り、アメリカの株価は歴史的な高値を記録。

当時長らく下落・調整していた日経平均株価も
17,000円前後から、2018年には2万円の大台に乗りました。

あれから2年————。

いま菅下氏が下落・調整を警告するのには
どんな「理由」があるのでしょうか?

まず2019年というと、大きなイベントがあります。
改元、つまり平成が終わるということです。

そして不思議と「日本の改元の年には
世界でも大きな変化が起こる」と菅下氏は言います。

たとえば、前回、昭和が終わり、平成が始まった
1989年にはベルリンの壁が崩壊したのです。

これにより世界の冷戦構造は終結し、
世界的なパラダイムシフトが起こったのです。

そして、さらに面白いのは西暦の末尾が9であること。

西暦の末尾が9の年は株価の天井・大底になりやすい

のです。

たとえば、前述の1989年12月には
日経平均の歴史的な天井である38,915円をつけています

また2009年にはリーマンショック後の大底となる
7,054円をつけたことは記憶に新しいでしょう

過去には、1929年にウォール街で大暴落が起こり
そこから、あの世界大恐慌が始まったのです。

菅下清廣氏は【2019年】を非常に重要視しています。

西暦の末尾9の年は、株価だけでなく政治にも波乱をもたらします。

振り返れば、2009年には麻生内閣が選挙で大敗、
当時の民主党に政権が移り、鳩山内閣が誕生しました。

これを受けて、菅下氏は
「2019年の夏の参院選は大きな意味を持つかもしれない」
と言います。

自民党は、過去、夏の参院選で大敗することが多く、
仮にここで自民党大敗というようなことがあれば
当然ながら株価は大きな影響を受けることになります。

特に外国人投資家はアベノミクスを評価しているから
日本株を買っている背景がありますので、
この前提が崩れるような事態になれば冒頭にお話しした
日本株の大暴落が起こっても不思議ではありません。

ですから、2018年の後半から2019年にかけては
永田町の動きにますます注目しなければいけません

菅下清廣氏といえば、ウォール街などの
実際の金融の最前線で磨き上げてきた知識と
古くから伝わるテクニカル分析・酒田五法
国家の盛衰を占う算命学などを組み合わせた波動理論で有名です。

この波動理論によって過去には

など多くの予測を的中させてきました。

菅下氏は、日本の株価の波動をみて

アベノミクス相場の出発点である2012年から7年が経過
これまで続いた上昇の波動が、一旦ここで終わる

可能性に触れています。

株価の波は大きく分けて4つの周期に分類されます。

波動というとオカルトめいたものに聞こえるかもしれません。

しかし、実際は景気や株価と密接に関わりがある
商品・サービスの生産や在庫、設備投資や
技術革新のサイクルと連動しているのです。

さて、話を日本の株価に戻すと、2019年は
2012年12月に自民党が再び与党に復権してから7年目です。
これがちょうど「7年の波動」と重なるわけです。

過去、こうしたタイミングで株価のトレンドが
大きく転換しており、こうした根拠と経験法則から
菅下氏は2019年を大きな節目だと捉えているのです。

2019年の暴落に備えた戦略

ここまで2019年がどんな意味を持つのか?
ということをお話しさせて頂きました。

まだ夏の参院選がどのように結果になるのか、
また世界に大きな変化が起こるのかはわかりません。

しかし、すでに秋には消費税の増税が予定されており
日本の株価の下落リスクは高まっていくことは間違いありません。

菅下氏は直近の取材の中で


「この先、2019年の春〜夏に向けて
株価が上がれば上がるほど危機は近づいている」

とも話しています。ですから、

この先は資産を増やすことだけを
目指すと痛い目に遭う可能性があります。

株価が当面のピークを迎えるかもしれない
ことを想定して、利益を確定させたり、
キャッシュポジションを高める戦略も必要です。

そうした危機に気付くためのヒント資産を守るための投資戦略
菅下氏は個人投資家に向けてオンライン配信で解説しています。

オリンピック以降どうなる?

ここまで2019年は重要な節目であることを話すために
「リスクに対応しないといけない」と話しましたが、
実は決して悪いことばかりではありません。

中には

「東京オリンピックが終わったら
日本経済が落ち込んでいってしまうのではないか?」

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、景気と株価は波です。
ずっと下がり続けるということはありません。

菅下氏は「東京オリンピックの後にも株価の山と谷がやって来る」と言います。

ですから、仮に2019年に株価が当面の天井をつけて、
大きな下落があっても悲観する必要はなく、
むしろチャンスだと捉えるべきです。

2019年の下落、もしくはそれに対する2番底をつける場面があれば
そこは絶好の株の買いどころとなるでしょう。

これからの時代、豊かになる方法?

ここまで、この先の株の見通しなどをお話ししてきましたが
ひとつだけ確かに言えることがあります。

それは

「投資をした人だけが豊かになれる」

ということです。

仮に、2019年に大きな株価の下落も起こらず
2020年の東京オリンピックに向けて株価が上がっていっても
日本国民全員が豊かになるとは限りません。

観光やインバウンド、不動産、建設やイノベーション関連の企業が
好業績になったとしても、その好影響を
受け取ることができるのはごく一部の人たちだけです。

高度経済成長期やバブルとは時代が異なるのです。

いま日本では「富の二極化」が起こっています。

この資産インフレの波に乗っかって
投資を成功させた人はどんどん資産が増えます。

一方、給料・貯金だけでがんばっている人は
どんどん資産が減って、貧しくなります。

なぜなら物価がどんどん上昇しているからです。

あなたが、もし今、資産形成に不安があるなら
投資、中でも「株式投資」が必要です。

一言で投資といっても、

株? FX? 不動産? 仮想通貨?

など、様々な手段があります。

FXや仮想通貨はハイリターンが魅力ですが、
その分リスクも高く、大損する可能性もあります。

世間では不動産投資も人気になっていますが
細かい知識が要求され、初心者には難しい部分があります。

またリターンの面でも、これから先、
不動産は3〜4割値上がりすることはあるでしょう。

しかし、不動産関連の中小型株であれば、
一気に株価が3〜4倍になることも珍しくありません。

ですので、これからの二極化時代を勝ち抜くために
皆さんに株式投資をどんどん学んで欲しいのです。

そんな願いから国際金融コンサルタントである
菅下清廣氏が月に2回、個人投資家向け

■菅下独自のマーケット予測■日経平均・NYダウ・円ドル相場のチャート解説■ここでしか聞けない政財界の貴重な情報■IPO銘柄や注目企業などの個別銘柄情報

収録翌日に配信しているサービスが

『スガシタボイス』

です。

サービス内容

スガシタボイスは2010年に始まり、
毎回多くのお客様にお申し込み頂いている人気の情報配信サービスです。

一度お申し込みされた方が継続して
お申し込みされる率も非常に高く満足度の高いサービス
であることも特徴です。
それでは、この『スガシタボイス』について紹介をしたいと思います。

『スガシタボイス』では、
月に2回、最新のマーケット情報を配信しています。

具体的には

を音声として配信しております。

忙しい通勤の合間などにも聞いて頂けるよう
ダウンロードもできるようになっております。
ですので、お持ちのモバイル機器などに
ダウンロードして移動中や空き時間にお聞き頂くことも可能です。

また追加サービスとして

●見た目にもわかりやすいチャートPDFの配信
●定期配信以外にも菅下からの臨時メッセージ(メルマガ)
●会員限定の投資研究会(有料・オンライン配信あり)

を開始しております。
相場に大きな動きがない場合はPDF配信がない場合もございます

※会員限定の投資研究会の詳細についてはページ下部をご参照ください。

そして、最大の特徴はその配信までの早さです。

原則として、収録の翌日午前中に音声を配信いたします。

これは他の雑誌などでは実現しなかった情報の鮮度です。
ですから、どこよりも早く情報を先取りできます。

投資家、国際金融コンサルタントとして活躍する菅下清廣氏が手に入れている、独自の、最新情報が翌日の朝にはあなたの頭の中にインストールされるのです!

※菅下氏には忙しい業務の合間をぬって音声を収録させて頂いております。
講師の都合により配信予定が変更となる場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

購読者の声

大変素晴らしいです!
「頭脳明晰な株の専門家」というだけでなく、世の中・未来を見通すセンスが抜群で本当に参考になります。
収録してすぐに音声が聴けるという点で、本当に素晴らしいサービスだと思います。
苦手に思っていた経済の勉強を始めてみる気になれました。
私自身、あまり経済の知識に自信がなかったのですが、そんな自分の疑問に対し、
丁寧に解説してくれたことが非常に嬉しかったです。
マーケット予測を随時、発信してくれているので大変助かっています。
チャートや波動理論に基づいた日経平均や円ドルのわかりやすい解説があるので、
投資にかける情報収集の時間も最低限に抑えられ、非常に投資効率がよくなりました。

このように「わかりやすい!」「役に立つ!」とご好評いただいております

特定商取引法に同意して「スガシタボイス」に申し込む

スガシタボイスから得られるメリット

2019〜2020年は、あなたの資産形成・投資成果にとって
極めて重要な1年となることでしょう。

そこで

・間違った情報に惑わされない ・どんなマーケットの変化にも対応できる

ようになっていなければなりません。

あなたに「本物の情報」を見極める力がつくと
以下の3つのポイントで能力向上・生活向上へつながります。

POINT1「資産運用に強くなる」

菅下氏の情報を聞けば、
投資に関する視野が広がるでしょう。

情報を参考にして投資をしてもいいですし、
菅下氏の考え方を吸収して独自の投資頭脳を鍛えて、
自分のスタイルで稼ぐこともできるでしょう。

特にあなたがサラリーマンなど、
お給料をもらって暮らしている立場ならば、
投資によって副収入を得ることができれば
人生は大きく変わっていくに違いありません。

POINT2「時間に追われなくなる」

「本物の情報」を見極められるようになると
投資にかける時間を節約することができます。

おそらく今のあなたは投資や情報収集にムダな時間をかけすぎています。
株式投資であれば、毎日、株価の動きが気になりすぎてしまったり、
本や雑誌など、いろいろな情報に目移りしているのではないでしょうか?

しかし、一瞬で必要な情報とそうでない情報を
見極める
ことができるとしたら、どうでしょうか?

そうなれば、あなたのしたいことに時間をかけたり、
家族との時間を大切にすることもできるはずです。

POINT3「人生の質が向上する」

『スガシタボイス』で発信される情報は、
菅下氏が日々、交遊する政財界人や、
著名投資家、エコノミスト、アナリストから
もたらされる信頼のある鮮度の良い情報です。

こうした情報を聞き続けることで、
間違った情報に振り回されることがなくなっていきます。

未来がどうなるかあらかじめ知ることができれば、
どんな変化が起ころうとも事前に準備・対策ができるので
不安が少なくなり、精神的にも安定を得られます。

こうして精神的にも安定し強くなることで、
投資や資産運用にも余裕が生まれていき、
良い結果を得られるようになるでしょう。

スガシタボイス会員限定特典

ここまでお読みになって、いかがでしたか?
あなたの人生が変わっていくイメージが掴めたでしょうか?

定期的に菅下氏の音声で相場の見方・資産運用について学べ、
さらに必要に応じて会員限定の投資研究会で直接会うこともできる。

でも、これだけ充実した音声配信サービスとなると
気になるのは、その値段のはずです。

菅下氏が行なっているコンサルティングの金額は
非公開となっていますが、多くの経営者から支持を受けるほど、
価値の見合ったものであることは間違いありません。

しかし、

「より多くの方に“お金の教養”を身につけてもらい、投資や資産運用で成功し、豊かな人生を送って欲しい」

という菅下氏の願いもあって、

今回は2017年7月から2017年9月末まで、3ヵ月コース64,800 円 (税込) ※CD配達コースをご希望の方は上記の値段とは別に【配達費用12,000円】を頂戴いたします。

にてご提供させて頂きます。

月に2回の配信ですので、6ヵ月で配信は12回となります。

ぜひ今回、ご自身の耳でスガシタボイスをお聞きになって、
なぜ多くの会員が長く指示・利用しているのかご確認ください。

菅下氏の大局観をあなたの投資に活かせば、
短期どころか中長期で、驚くような大きな富を築くことも夢ではありません。

このことは「スガシタボイス」を継続してお聞きになっている方の
継続申込率が70〜80%(※2014年9月現在)という高い数値になっていることに表れています。

内容
菅下清廣氏による日本株の現状分析と予測・世界経済の解説
国内外のマーケット情報、最新の注目情報、個別銘柄の紹介(1回あたり約40〜60分)
※原則として、収録の翌日にご登録のメールアドレス宛に配信いたします
配信期間
2018年10月〜2019年3月の6ヵ月間(全12回配信)
価格
・ オンライン配信コース 通常価格129,600円(税込)
特典
会員限定の投資研究会「スガシタクラブ」受講権利(配信期間中のみ受講可/別途受講料が必要)
お支払方法
銀行振込/お申込後、振込先口座などの詳細情報をお送りします
特定商取引法に同意して「スガシタボイス」に申し込む

よくあるお問い合わせ

どのように音声を聴けるのですか?
音声配信日にご登録頂いたメールアドレス宛に音声をご視聴頂ける専用URLをご案内いたします。
オンラインで聴いて頂くことも、お客様のモバイル機器などにダウンロードしてオフィスや屋外、移動中にお聴き頂くことも可能です。
音声配信日はいつですか?
原則、月に2回、隔週で配信いたします。毎回の配信日につきましてはお申込の方にのみご案内しております。ただし、菅下氏には多忙なスケジュールの中で収録を依頼しておりますので配信日が変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください。
途中でキャンセルすることは可能ですか?
いいえ、できません。
商品の性質上、途中でのキャンセル・返金には応じかねます。
個別の銘柄を推奨してくれますか?
いいえ、できません。
法律の関係上、個別銘柄の推奨等は行なっておりません。
配信期間終了後、サービスを更新することは可能ですか?
はい、できます。
配信期間の終了が近づきましたら事務局より更新のご案内をお送りしております。
この情報を元に投資を行なえばいいのでしょうか?
『スガシタボイス』では、多くの投資に関する情報を配信しておりますが、利益などを保証するものではありません。会員様の独自の投資頭脳の養成を目的としております。投資は自己責任で行なって頂くようお願いいたします。当サービスに関して損失が生じたとしても責任は負いかねます。
スガシタボイス(音声配信)とスガシタクラブ(投資研究会)の違いは何ですか?
「スガシタボイス」では、日米の株価・為替相場・新興市場・原油・金・その他マーケットなどのチャートの分析を行ない、大局観・株価の読みをお伝えしています。こちらは原則的に音声のみの配信で、日米の株式市場・円ドルチャートのPDFを適宜おつけしています。一方、投資研究会「スガシタクラブ」では、より実践的な投資ノウハウを学んで頂くため個別銘柄チャートの分析を中心に学んで頂きます。投資研究会については研究会で使用する資料をすべてPDFで配信します。

菅下清廣 プロフィール

菅下清廣
国際金融コンサルタント、投資家
スガシタパートナーズ株式会社代表取締役
1974年〜1983年
世界最大の証券会社メリルリンチに入社。ニューヨーク本社での研修後、
メリルリンチ東京支店にて事業法人および機関投資家の資金運用担当。
メリルリンチ時代には、世界トップクラスの成績を上げた社員が招待、
表彰されるクラブChairman’s Clubに4年連続で招待され、
Million Dollar Producer’s Clubにも招待される。
1984年〜1989年
米国の名門投資銀行ギターピボティに入社。
事業法人担当最高責任者に就任、大手企業の金融・財務戦略担当チームを指揮する。
1989年〜1998年
ラザード・ジャパン・アセット・マネージメント株式会社に入社。機関投資家・年金および政府系資金の財務戦略及び政策提言移管する。担当の最高責任者に就任。1991年より代表取締役社長に就任。1998年、同社を退社。
現在は内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務め、「経済の千里眼」の異名を持ち、政財界に多くの信奉者を持つ。
直近に出版された『タテ・ヨコ比例の鉄板法則で狙い撃つ「超高配当株」の探し方』(実務教育出版)は好評発売中。また2013年5月に発売された『今こそ「お金の教養」を身につけなさい!』(PHP新書)は2014年11月に5刷となりロングセラー。その第2弾となる『一生お金に困らない「未来予測」の技術』も全国書店にて発売されている。